« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

ゴールデンウィークの予定

ゴールデンウィーク中はお休みになります。5/9(月)から通常通りオープンします。

4/28(木)10時~16時オープン

4/29(金)~5/5(木) 休み

5/6 (金) 図書コーナーのみ10時~16時オープン(健康チェック、よろず相談は休み)

5/7 (土)~5/8(日) 休み

5/9 (月)10時~16時オープン

|

体組成分測定 が加わりました

4月より、体組成分析測定のための新しい機械が加わりました。

計測と看護師との相談を合わせて1,000円です。どうぞご利用ください。

Dsc00005

|

「健康は自分が創る」聖路加健康ナビスポット:るかなび

聖路加国際大学が運営する施設です。

短時間で健康チェック・相談ができます。健康に関連する図書を置いた図書館も開設しています。

ご利用いただけるサービス


健康チェック

  • 身長測定(無料)    
  • 血圧測定(無料)
  • 骨密度測定(500円/回)
  • 体組成分析測定(1,000円/回)
  • 握力測定(500円/回)

よろず健康相談

 看護職またはその他の医療専門職の資格を持つ人が対応します。可能な範囲でいっしょに答えを見つけるお手伝いをします。(30分 500円)

専門性の高い看護師による健康相談

 専門分野の資格を持つ看護師による健康相談は事前に予約ができます。(30分 1,000円)


健康情報の探索  

 約3,000冊の闘病記と健康に関する図書、および雑誌とパンフレットがあります。図書と雑誌の貸し出しは行っていませんが、本を読めるスペースをご用意しています。また、インターネットで看護師や司書といっしょに情報を探すことができます。


オープン時間

 月曜日から金曜日 10時~16時

  (祝祭日、大学の夏季・年末年始・春季の休暇中を除く)


アクセス

聖路加国際大学 大村進・美枝子記念聖路臨床学術センター1階

東京都中央区築地3-6 地図

|

るかなび新装オープン

2016年4月1日より、移転して新装オープンしました。

今までの建物から50メートルほど大学寄りに移転しています。

タリーズのお店の奥にあります。どうぞご利用ください。

骨密度、握力測定:500円
よろず健康相談:500円(30分)
shine体組成計測定:1,000円shine
血圧測定:無料
身長測定:無料

健康に関する図書、雑誌も沢山ご用意しています。

20160401

場所:聖路加国際大学
    大村進・美枝子記念 聖路加臨床学術センター1階

  

続きを読む "るかなび新装オープン"

|

「健康は自分が創る」 聖路加健康ナビスポット:るかなび

 るかなびは、私たちが自分の健康を自分で守る社会の実現を目指しています。それは、病気が治るあるいは病気を予防するためには、病院での治療以上に、自分で自分の病気を治そうとする力、予防する力こそに重要な意味があると考えているからです。

 あふれる健康情報のなかから、自分に必要な情報を集め、見分け、利用することは難しいと感じたことはありませんか。

 るかなびの健康相談では、そうした疑問に対して、皆様にとって必要な情報を探し出すお手伝いをいたします。それらの情報は、次のような配慮がされていることを重視します。

・その答えを導く基本的な情報が含まれていること

・わかりやすい表現になっていること

・偏った情報でないこと

・危険性に関する可能性を示していること

 自分の健康を自分で守るために、るかなびをご活用ください

【名称】
聖路加健康ナビスポット:るかなび

201604

【場所】

聖路加国際大学

大村進・美枝子記念聖路臨床学術センター1階

東京都中央区築地3-6 地図

 

続きを読む "「健康は自分が創る」 聖路加健康ナビスポット:るかなび"

|

1,600冊を超える闘病記があります

Ccab


るかなびには、闘病記、健康・医学書が約3,000冊あります。3,000冊の内、約1,600冊は闘病記です。



 



闘病記とは、病いと向き合った経験を本人や家族が綴った記録です。闘病記は、医学書と一緒に病気の種類や体の部位別に並べています。

  図書コーナーのテーブルに置いてある闘病記文庫ブックリスト、大学図書館のOPAC(るかこ)からも探せます。貸し出しは行っていませんが、るかなびの図書コーナーでご自由にお読みいただけます。

闘病記を探す手がかりに「闘病記150文字紹介」を活用しよう!

 闘病記の書名は、著者の思いがあふれており、どのような病いについて書かれた本なのか、がわかりにくい事があります。
るかなびでは、ボランティア活動の1つとして、闘病記を読み、150文字程度の文章に内容をまとめた「闘病記150文字紹介」を作成しました。
「闘病記150文字紹介」は、るかこ(聖路加国際大学学術情報センター図書館の蔵書を検索するシステム)や「るかなび闘病記文庫ブックリスト」からご覧いただけます。

 「闘病記150文字紹介」を書いた本の裏表紙には下のようなシルが貼り付けてあります。

New_4

 

|

講演依頼

  • 高橋恵子、『PCCの実践I 「聖路加国際大学『るかなび』の実践」日本医療・病院管理学会第334回例会
  • 高橋恵子、『 看護職者が行う地域の健康支援活動を考える―聖路加健康ナビスポット:るかなびの実践から―』、聖路加同窓会宮城支部(仙台市)2014年12月20日
  • 石川道子、『「看護図書館機能の見直し」健康情報提供サービスにおける看護学図書館(員)の試み -聖路加健康ナビスポットるかなびの場合を中心とし』、日本看護図書館協会 第36回 研究会(仙台) 2007年8月
  • 高橋恵子、『市民がかかえる健康問題、みぢかな健康情報サービス;実践力をつける連続研修会「健康情報におけるレファレンス」』、社団法人日本図書館協会、2006年12月
  • 石川道子、『看護大学が開設している健康情報サービスコーナー;市民への医療情報提供の実践的取り組み -医学・医療情報を扱う図書館として-』、第32回医学情報サービス研究大会ワークショップ、 2006年7月

|

新聞・雑誌・ネット等への掲載

  • 『日本橋女声合唱団6月16日 るかなび ランチタイム・ミニコンサートにて』、中央社協の「まちひとサイト」2011年6月16日 http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-364.html (他のサイトへ移動します)
  • 『学びの場に患者の語りを届けたい 闘病記研究会シンポジウム開催』、週刊医学界新聞、 第2921号 2011年3月21日
  • 『誰でも思い当たる、被災時の心のケア 聖路加健康ナビスポット・るかなびのミニ講座&ミニコンサート』、中央区社会福祉協議会「まちひとサイト」 2011年3月17日 http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-274.html(他のサイトへ移動します)
  • 『「るかなび」身近に7年目 学生、市民、"健康サロン" 大学@Town 1 聖路加看護大&築地』、東京新聞 2010年4月30日
  • 『heart net times るかなび~社会に開かれた大学の窓 聖路加看護大学の試み』、4、2007.6
  • 石川道子、『小規模図書館奮戦記 健康情報の提供-「るかなび」の試みー』、図書館雑誌、 101(4)、243、2007.4.
  • 日本テレビ「闘病記文庫」『24時間テレビ チャリティー・リポート』2007年2月放送     11.朝日新聞「闘病記」患者つなぐ(2006年12月5日)

|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »