研究発表:論文・書籍等

  • 高橋恵子、菱沼典子、松本直子他(2015.都市部にある市民健康情報サービスを利用した骨粗鬆症の相談記録の分析 ヘルスリテラシーの観点から, 聖路加看護学会学術大会講演集 20 Page24
  • 高橋恵子(2015.PCCの実践 聖路加国際大学『るかなび』の実践, 日本医療・病院管理学会誌,3:179.
  • 菱沼典子、高橋恵子、松本直子(2015) 一般市民に開かれた無料健康相談において看護職がとる相談パターンと利用者の満足度, 聖路加看護学会誌,19(1): 11-18.
  • 高橋恵子(2015. 市民健康相談の体験をした臨床看護師の気づきと学び, 聖路加国際大学紀要,1:12-19.
  • 高橋恵子(2015).地域住民のヘルスリテラシー向上をめざすPeople-Centered Care(PCC)の取り組み,看護,WHONEWS,67(6),http://www.slcn.ac.jp/who/whonews/2014/

  • Naoko  Arimori,Junko Tashiro, Keiko Takahashi,et al.(2014). Practice and Evaluation of  Japan's People-Centered Care Nursing Models,the 17Th  General Meeting of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing  & Midwifery development.in Coimbra,Portugal.(ポスター発表)
  • 高橋恵子、菱沼恵子、牛山真佐子他(2014. 市民向けの骨粗鬆症予防パンフレットの評価と改訂, 聖路加看護学会誌,18(1):22-29.

  • 佐藤直子、高橋恵子、有森 直子他(2014)、『るかなびが市民に提供しているランチタイムミニ講座&ミニコンサートの活動評価 : 初回参加者のアンケート調査から』、聖路加看護大学紀要、40.118-121.
  • 高橋恵子、菱沼典子、山田雅子他(2013)、『看護大学が開設している市民のための聖路加健康ナビスポット「るかなび」の活動評価』、 聖路加看護大学紀要、 39.47-55.
  • Takahashi K 、 Hishinuma M、 Yamada M他(2012)、『Academic Nursing Practice at St. Luke's College of Nursing in Japan;Community "Walk-In Health Navigation"Offered on Campus』、The 9th International Conference with the Global Network of WHO.

  • 菱沼典子(2010)、『パートナーシップを具体化するために-「垣根モデル」と「餅は餅屋モデル」』、日本看護科学学会誌、30(4).3-5.

  • 佐藤晋巨、石川道子(2010)、『市民向け情報閲覧コーナーの活用きっかけづくり ブックリスト改訂~プロジェクト立ち上げ~』、第17回医学図書館研究会(2010.11)

  • 菱沼典子、 他(2009)、『看護大学による市民向け健康情報スポットでの骨粗鬆症予防のための教材作成』、Osteoporosis Japan、 17(4)、80-85

  • 山岡栄里他(2009)『看護大学における市民向け健康情報サービスの場での市民ボランティアの活動意識』、第68回日本公衆衛生学会総会.

  • 高橋恵子他(2009)、『年代による特徴を反映させた女性向け骨粗鬆症予防のための教材作成』、第68回日本公衆衛生学会総会.

  • 山岡栄里他(2009)『Visitor's Evaluation of a Nursing College's Health Consultation Service Activities for Citizens』、The first Asia-pacific conference on health promotion and education (APHPE).

  • 高橋恵子、 菱沼典子他(2008)、『看護大学が市民に提供する『ランチタイムミニ健康講座とミニコンサート』の評価』、聖路加看護学会誌、 12(2)、80-90.

  • Naoko Okubo et al(2008)、『Evaluation of Health Education Program for Active Citizens』聖路加看護大学紀要、34.55-61.

  • 石川道子(2007)、『看護図書館の情報サービス:聖路加健康ナビスポット:るかなびの試み』、第36回日本看護図書館協会研究会(抄)

  • 山田雅子、菱沼典子、高橋恵子他(2007)、『看護大学が提供している市民主導型健康情報サービススポット;健康相談活動のモデル化』、第27回日本看護科学学会(抄).

  • Keiko Takahashi et al(2007)、『HEALTH INFORMATION SERVICE ACTIVITIES AT A NURSING COLLEGE IN JAPAN;EVALUATION FROM THE PERSPECTIVE OF COMMUNITY-BASED ACTIVITIES』、The 6th International Nursing Conference in Korea.

  • 石川道子、松本直子、菱沼典子他(2007)、『看護大学が開設する市民向け健康情報サービススポットにおける闘病記文庫の機能』、第27回医療情報連合大会(抄).

  • 高橋恵子、菱沼典子、石川道子他(2007)、『看護大学が提供する市民への健康情報サービススポット-ランチタイムに行う健康講座の実施状況と利用者の反応-』、第12回聖路加看護学会学術大会(抄).

  • 大久保菜穂子、菱沼典子、松本直子他(2007)、『市民主導型健康生成のための市民ボランティア育成講座の評価』、第66回 日本公衆衛生学会学術大会(抄).

  • 高橋恵子、菱沼典子、石川道子他(2007)、『看護大学が市民に提供している健康相談―利用状況と利用者からの評価-』、第66回 日本公衆衛生学会学術大会(抄).

  • 菱沼典子、石川道子他(2007)、『看護大学が市民に開いた健康情報サービススポットの広報活動』、聖路加看護学会誌、11(1)、76-82.

  • 高橋恵子、菱沼典子他(2007)、『看護大学が市民に提供する健康相談サービスの利用状況と課題』、聖路加看護学会誌、11(1)、90-99.

  • 石川道子、松本直子他(2007)、『看護大学が開設する市民向け健康情報サービススポットにおける闘病記コーナーの機能』、医療情報学、27、suppl、1187-1190.

  • 松本直子、石川道子、徳間美紀他(2006)、『看護大学の市民健康情報サービスにおける資料選択の課題』、医学図書館、53(2)156-160.

  • 菱沼典子、徳間美紀、新幡智子他(2006)、『看護大学が開設している健康相談からみた市民の健康問題と看護職の対応』聖路加看護学会誌、10(1)、38-44.

  • 松本直子、石川道子、徳間美紀他(2006)、『看護大学の市民健康情報サービスにおける資料選択の課題』、医学図書館、53(2).156-160.

  • 石川道子(2006)『市民への健康情報サービス-聖路加看護大学「るかなび」の活動から』、ナースアイ、(4)、10-18.

  • 高橋恵子、菱沼典子、馬渡淳子他(2006)、『看護大学が市民にする健康相談における健康相談内容と利用者の傾向』、第11回聖路加看護学会学術大会(抄).

  • 菱沼典子、川越博美、松本直子他(2005)、『看護大学から市民への健康情報の提供-聖路加健康ナビスポット「るかなび」の試み-』、聖路加看護大学紀要、31.46-50.

  • 松本直子、石川道子(2005)、『看護大学における健康相談を支援するツールの検討』、医学図書館研究会(抄).

  • 徳間美紀、菱沼典子、川越博美他(2005)、『看護大学が市民に開いている健康相談からみた市民の健康問題と看護職の対応』、聖路加看護学会、第10回聖路加看護学会学術大会(抄)9(2)、46.

|

カルシウムの多い食事例 相談資料

るかなびで相談資料として活用している「カルシウムの多い食事例」のパンフレットを公開しました。
こちらからPDFファイルをダウンロードできます。

このパンフレットは2012年度聖路加看護学会看護実践科学助成金を得て作成しました。

|

骨粗しょう症予防の相談資料を公開しました

るかなびで骨密度を計測した方へ健康相談時に骨粗しょう症の予防を説明する際に使っている骨粗鬆症予防のための資料を公開しました。

貯骨編:超モテ! 超きれい! 骨美人!
家族編: 骨づくりは、家族のきずなづくり 家族の骨をつくるのは、お父さん、お母さんです。向老期編:骨密度を保って元気に過ごすために

の3種類あります。こちらからpdfファイルをダウンロードできます。

この相談資料は、第16回(平成20年)骨粗鬆症財団 研究助成 「看護大学による市民向け健康情報スポットでの骨粗鬆症予防のための教材作成」により作成しました。

|

歯科相談の実態に関する学会発表

歯科衛生士さんがるかなびで受けている歯科健康相談の様子について、9月15日~17日に盛岡市で開催された日本歯科衛生学会 第7回学術大会で発表してくださいました。

都内健康ナビスポットにおける歯科相談の実態調査
滝本真弓、杉山恵子、山田雅子

|

WHOの会議でるかなびの活動を発表してきました

2012年6月に神戸で開催されたThe 9th International Conference with the Global Network of WHOでポスター発表をしてきました。

タイトル:Academic Nursing Practice at St. Luke's College of Nursing in JapanCommunity “Walk-In Health Navigation”Offered on Campus.

Takahashi K , Hishinuma M, Yamada M , Sato K ,Manabe M , Sato N, Fujita, Arimori Y

       

|

第68回日本公衆衛生学会総会でポスター発表してきました

2009年10月に奈良で開催された第68回日本公衆衛生学会総会でポスター発表をしてきました。
○年代による特徴を反映させた女性向け骨粗鬆症予防のための教材作成
高橋恵子(聖路加看護大学 大学院), 菱沼典子, 山岡栄里, 石川道子, 佐藤晋巨, 鈴木孝子, 藤田淳子, 印東桂子, 山田雅子, 小口江美子, 内田千佳子

→ポスターと抄録はSLCN@rchiveでご覧ください。

○看護大学における市民向け健康情報サービスの場での市民ボランティアの活動意識
山岡栄里(東京武蔵野病院), 菱沼典子, 石川道子, 山田雅子, 小口江美子, 吉田千文, 高橋恵子, 印東桂子, 内田千佳子, 佐藤直子, 佐藤晋巨, 大久保菜穂子

→ポスターと抄録はSLCN@rchiveでご覧ください。

|

APHPEでポスター発表してきました

「聖路加健康ナビスポット:るかなび」での健康相談活動に対する利用者の評価について、2009年7月18-20日に、幕張で開催されたThe First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education(APHPE)にて、ポスター発表をしてきました。

visitors' Evaluation of a Nursing College's Health Consultation Service Activities for Citizens. Yamaoka E, Hishinuma M, Ishikawa M, Yamada M, Oguchi E, Yoshica C, Takahashi K, Okubo N, Uchida C, Indo K, Sato K, Fujita J, Sato N.

|

発表論文

  1. 菱沼典子,川越博美,松本直子他(2005).看護大学から市民への健康情報の提供-聖路加健康ナビスポット「るかなび」の試み-.聖路加看護大学紀要.31.46-50 .
  2. 松本直子,石川道子,徳間美紀他(2006):看護大学の市民健康情報サービスにおける資料選択の課題 医学図書館,53(2)156-160.
  3. 菱沼典子,徳間美紀,新幡智子他(2006).看護大学が開設している健康相談からみた市民の健康問題と看護職の対応.聖路加看護学会誌.10(1).38-44.
  4. 石川道子(2006).市民への健康情報サービス-聖路加看護大学「るかなび」の活動から.ナースアイ.19(4).10-18
  5. 菱沼典子,石川道子他(2007):看護大学が市民に開いた健康情報サービススポットの広報活動,聖路加看護学会誌,11(1),76-82.
  6. 高橋恵子,菱沼典子他(2007):看護大学が市民に提供する健康相談サービスの利用状況と課題,聖路加看護学会誌,11(1),90-99.
  7. 石川道子,松本直子他(2007):看護大学が開設する市民向け健康情報サービススポットにおける闘病記コーナーの機能,医療情報学,27,suppl,1187-1190.
  8. Naoko Okubo et al; Evaluation of Health Education Program for Active Citizens(2008),聖路加看護大学紀要.
  9. 高橋恵子,菱沼典子他:看護大学が市民に提供する『ランチタイムミニ健康講座とミニコンサート』の評価,聖路加看護学会誌,2008
  10. 高橋恵子,菱沼典子他:看護大学が市民に提供する「ランチタイムミニ講座&ミニコンサート」の意義と特徴,聖路加看護学会誌,12(2) 80-90.2009.

|

研究活動

  • 「聖路加健康ナビスポット:るかなび」での健康相談活動に対する利用者の評価
  • 看護大学による市民向け健康情報スポットでの骨粗鬆症予防のための教材作成(骨粗鬆症財団助成)
  • 健康相談の構造化(モデル化)
  • 「るかなび」での市民ボランティア活動に関する研究データ収集について

   等

|